新人看護師

看護師の転職と療養型病院について

看護師さんのお仕事と一言で申しましても、実にさまざまな内容の医療機関が存在しているのではないかと考えることができるようです。診療科目や病院の規模などによりましても、こうした看護師さんの働きというものが変わってくる部分があるようですが、中には療養型病院における看護のお仕事というものが存在している部分もあるようです。こうした療養型病院と申しますのは、病気が長引いている方や高齢者の方、あるいはホスピスケアが必要な方など、その病院施設での生活が中心になっている患者さんが多く存在している内容となっていることが多くあるようです。

こうした病院への看護師としての転職について考えてみますと、医療関連人材の人材紹介所などの内容をご参考になさってみますと、ご希望に応じた転職についてお考えになられることもできるようになっているようでした。特に療養型病院の場合におきましては、患者さんとのお付き合いも長くなることが多いようですので、より信頼関係が生まれたりすることも多くあるようです。それぞれの方のご希望に応じた形で、これらの転職についてよくお考えになられてみてはいかがでしょうか。

大学病院への転職を考えている看護師

看護師の転職先の一つとして、大学病院という選択肢があります。これは個人病院・クリニック・介護系施設(老人保健施設・特別養護老人ホーム・デイサービスなど)・企業・養護教諭・製薬会社・訪問看護など様々な選択肢がある中でも、最もハードな職場と言っても過言ではありません。まず何よりも、診なければならない患者数が多く、夜勤や当直などもあって生活リズムも乱れがちになります。

ですから、大学病院に転職するためには、心身共に健康で体力に自信がなければ厳しいでしょう。しかし、勿論それだけのやりがいもあります。例えば、より専門性の高い先進医療に日々触れられることが大きいでしょう。また、患者数が多いということは、それだけ多くの症例を診ることが出来、特定疾患や難病など珍しいケースの看護をする機会もあります。さらに研修会や勉強会も頻繁に行われるので、技術や知識は確実に身に付き、スキルアップを念頭に置いている方には最適な職場と言えます。ただ、主任などになると、新人教育や現場統括などの管理職としての仕事も増えます。

看護師で転職するなら一般病院がおススメです。

看護師は、人の命を扱う大変な仕事です。人手不足などで勤務条件も厳しい場合が多く、転職される方も増えています。転職する際には、一般病院への転職も良いでしょう。一般病院は、総合病院ほど診療科目も多くなく、規模もやや小さめなものが多くなっています。診療科目が少ないと、自分の希望する診療科で働く事が出来る可能性も高くなります。また、一般病院の多くが人手不足に悩まされていて、病院によっては高待遇や高給料などの条件で募集しているところもあります。

こうしたこともあり、転職がしやすい状況になっているのもメリットと言えるでしょう。こうした求人は、一般に非公開なものが多くなっています。病院側もいくら人手不足とはいえ、誰でも良いわけではありません。看護師専門の求人サイトなどに公開して、良い人材を集めようとしているケースが多いので、一度登録して調べてみると良いでしょう。一般病院は、地域密着型の病院が多いのも特徴です。地元の人のために貢献するのも良いのではないでしょうか?

新人看護師のうつ病体験

私は新人看護師として勤めた後、うつ病にかかってしまいました。うつ病にかかってしまうと、何もかもがマイナスな方向にしか考えられなくなってしまって、新人看護師というだけでも周囲に迷惑をかけているのに、まともに仕事ができない状態になってからは、自分が駄目な人間なんだというように考えるようになってしまったので、仕事を休職する事になりました。これまで看護師として勤める事は、人の役に立ちたいという気持ちからでしたので、どうしてもその時は、その看護師という仕事をする事ができなくなってしまった自分を認める事ができませんでした。

うつ病を経験してしまうと、この病気を患った事が原因で、もう一度仕事探しをする事は無理なのではないかという事を考えたりもしましたが、新人看護師として全く経験がない状態ではなかったので、無事に治療を終えた後は、就職をする事ができています。ストレスとうまく向き合いながらうつ病を克服すれば、未来は切り開けると思います。

新人看護師の転職について

ここ数年、就職を行って1年未満の新人看護師が早速転職を検討することが全国的に増加しています。看護師が働いている職場は日本全国存在するために、自分にどうしても会わない仕事先であれば積極的に転職活動を行うことがすすめられるようになっています。かつては新人看護師の時代に転職を行うことはスキルアップを図るうえで不利というイメージがありましたが、最近では転職を応援する転職支援サイトも登場するようになっており、新人看護師にとっては有難い状況となっています。

そこで、新しい仕事先を探すためにはまず看護協会などを頼ることが有効です。看護協会ではつながりのある医療機関の就職のあっせんをしてくれるために、比較的短期間で就職活動を終えることができます。また、十分に職場見学を行ってから就職の有無を決めることができるために、実際に職に就いたときのギャップを最小限に抑えることができ、離職率の低減にもつながっているとされています。

新人看護師の退職について

近年、看護学校を卒業したばかりの新人看護師が職場に定着しないことが全国的な問題となっています。新人看護師の退職の理由としては人それぞれさまざまですが、何よりも研修体制の不備という問題は共通しています。新人看護師の研修の重要性については看護学校でも大きく取り上げており、できるかぎりマンツーマンで研修を行っている医療機関へ就職を行うことが望まれています。

マンツーマンで研修を行ういわゆるプリセプター制度は看護師教育の基本として世界的に支持されています。プリセプター制度を利用することによって新人看護師の精神的な負担が解消され、職場内でのコミュニケーションを図りやすくなるというメリットがあります。また、疑問に感じたところについてはすぐに教育係の看護師に尋ねることができるために問題解決に結びつけることもできます。プリセプター制度を導入している医療機関は特に人気があり、今後もこの制度が広まってゆくことが見込まれています。

新人看護師で辞めたい」と思ったときには、まず看護師を辞めるほどかどうかを考えましょう。おそらく職場を変えることで解決することもあるはずです。確かに新人時代に転職するのは厳しい面を多いですが、仕事を辞めてしまうよりは圧倒的に良いです。

新人看護師と離職率について

近年、新人看護師を取り巻く労働環境が大きな問題のひとつとしてニュースなどのメディアで取り上げられるようになっています。全国の医療機関では慢性的な人材不足の状況が発生しており、新卒の看護師に対して十分な研修の機会を用意することができないでいます。

そのため、看護師のスキルアップを図ることが難しく、離職率の増加につながっているとされます。新人看護師にとってははじめての就職ということもあって、わからないことがたくさんあります。しかし、研修制度が整っていない医療機関に就職することによって離職を繰り返してしまう悪循環が発生しています。

インターネット上には自信の就職先の状況についての書き込みをしている新人看護師が情報交換を行っているものの、その多くが今すぐに転職をしたいという希望を持っています。看護師は比較的転職がしやすい職業のひとつとして知られているものの、十分なスキルが無い状況で転職をすることにためらっている人もいます。

新人看護師のための人間関係ストレスの対処法

きちんと健康状態を保って、新人看護師としての社会生活を充実させるためにもストレスの対策が欠かせないです。

看護師に限らず働く人の多くのストレスの原因は、職場の人間関係です。上司や先輩看護師、同僚や他部署の医療スタッフとの人間関係が大きく関係してきます。同じストレスを感じていても、カラダも心も疲れ果ててしまう人もいれば、楽しみながら仕事をしていける人もいます。そこでストレスに負けないで、生き生きと医療現場で働けるように工夫をすることが大切です。まず、ストレスに気づくことが対処の第一歩です。気づかないまま溜め込んでしまうと何か大きな障害が起こってしまいます。

きちんと気づくことで、自分を客観的に見て判断していくことが対処の始めの作業になるのです。また自分自身を取り巻く人間関係への理解も大切です。なぜ人間関係に悩んでいるのか、なぜ落ち込んでしまうのかを考えます。その原因が分かったら、客観的に自分の人間関係を見て、違った角度から見直します。違う角度から見直すことで、悩みの解決法や新たな発見があります。

新人看護師は勉強が大切

看護師は多くの患者と接していかなければならない職場となっていますが、新人看護師のうちに出来るだけ多くのことを学ぶようにしなければならないです。勉強していくことによって、一人前の看護師として働いていけるようになっていきますので、実際に現場で働き続けることによって知ることを体験するべきです。

新人看護師の間は他からアシストしてもらえることも多々ありますが、勉強して理解していくようになれば一人で出来るようにならなければならないです。患者の生命に関わるようなことに携わるような状況も看護師にはありますが、そのときに新人看護師がいきなり仕事を任せられるということはほとんどないです。

そのような現場の場合は、近くで仕事を見て覚えさせるようにして出来るだけ早く現場で役に立つ看護師に育て上げるようにしています。新人看護師は勉強をしていくことによって成長に繋がりますので、出来るだけ多くのことを勉強していくべきです。

新人看護師の悩みについて

新人看護師の悩みの中には、人間関係の事から自分の未熟さをどうにかしたいといった悩みなど、個人差はありますがかなりの量があります。看護学校で学び、就業した後には、どうしても環境の変化から、様々な悩みがつきものです。中にはイジメに遭ってしまって、通常業務をしているだけなのに辛い仕打ちを受けたというような辛い悩みを抱えている人や、通常業務のストレスによって、精神的疾患を患い、退職してしまったという新人看護師もいます。

しかし、このような事実が起こってしまう背景には、求人を閲覧した時にどのように職選びを行ったのかという事や、新人看護師として勤めるにあたって、しっかりと職場の特色を掴んで就業していたのかといったことが浮かび上がってきます。悩みを抱えたままだと、どうしてもストレスが溜まってしまうものなので、このような事が続くのであれば、転職を考えるのが無難です。医療の現場では多くの新人看護師が求められているので、働く所は多くあります。

最近の投稿

カテゴリー