新人看護師の退職について

新人看護師の退職について

近年、看護学校を卒業したばかりの新人看護師が職場に定着しないことが全国的な問題となっています。新人看護師の退職の理由としては人それぞれさまざまですが、何よりも研修体制の不備という問題は共通しています。新人看護師の研修の重要性については看護学校でも大きく取り上げており、できるかぎりマンツーマンで研修を行っている医療機関へ就職を行うことが望まれています。

マンツーマンで研修を行ういわゆるプリセプター制度は看護師教育の基本として世界的に支持されています。プリセプター制度を利用することによって新人看護師の精神的な負担が解消され、職場内でのコミュニケーションを図りやすくなるというメリットがあります。また、疑問に感じたところについてはすぐに教育係の看護師に尋ねることができるために問題解決に結びつけることもできます。プリセプター制度を導入している医療機関は特に人気があり、今後もこの制度が広まってゆくことが見込まれています。

新人看護師で辞めたい」と思ったときには、まず看護師を辞めるほどかどうかを考えましょう。おそらく職場を変えることで解決することもあるはずです。確かに新人時代に転職するのは厳しい面を多いですが、仕事を辞めてしまうよりは圧倒的に良いです。

最近の投稿

カテゴリー